×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血液サラサラに効く青汁

血液サラサラに効く青汁

血液がドロドロになると、生活習慣病を引き起こしやすいといわれています。血管の中を流れる血液がドロドロになってしまうと、血がスムーズに全身を流れなくなってしまいます。一番の原因になるのは、食生活です。

 

インスタント食品やファストフード、肉類や脂肪分の多い食事を中心にとっている現代人は、最近では欧米人よりも不健康だといわれているほどです。

 

脂質の摂取量が増えると、日に日に体に負担が加わり、様々な生活習慣病を生み出します。中でも、心配されているのが動脈硬化です。

 

血液がドロドロ状態で血管壁がもろくなると、動脈硬化になりやすくなります。さらに高血圧を引き起こして、他の様々な病気も芋づる式に襲ってくるのです。

 

動脈硬化が引き金となる病気には、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などの生活習慣病があります。そんなことになる前に、早いうちに動脈硬化予防を心がけてドロドロ血液をサラサラにしてください。

 

そのために便利なのが、青汁です。青汁には、ピラジンという成分が含まれています。ピラジンには、血栓の生成を抑制するという作用があります。血行もよくなり、血液がドロドロになるのを防いでくれるのです。

 

ピラジンはキュウリやピーマンなどの青野菜によく含まれているのですが、そればかり大量に食べ続けるのは飽きてしまいますね。

 

青汁なら、一日一杯飲むだけで簡単に必要な栄養素を吸収することができます。また、青汁にはビタミンCやカロテンも含まれ、血中コレステロール値を下げてくれます。

 

これが血液サラサラ効果につながり、高血圧や糖尿病を予防してくれるのです。ビタミンEも、脂質を分解して動脈硬化を予防してくれます。