×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青汁の効果・効能と最新青汁ランキング

最新青汁ランキング

美感青汁
「美感青汁」は噛んで食べる青汁です。ゼリー状になっており、美容ゼリーと同じ感覚で召し上がれます。尚、水等に溶かして飲む必要はありません。「美感青汁」はマンゴー風味であり、とても美味しく頂けました。食後のデザートやおやつにどうぞ。パッケージもとても可愛いくて気に入っています。今、若い女性たちの間で絶大なる支持を得ている青汁です。

 

菜善青汁
青汁は経済的に負担にならない程度に、長く続けていくことが前提条件となります。「菜善青汁」は業界でもトップクラスの低価格を実現した青汁ですので、無理なく青汁生活を続けていくことができます。定期コースに申し込めば、1杯あたり75円で頂けます。大麦若葉や乳酸カルシウム、アロエエキス、抹茶で非常に飲みやすい味に仕上がっています。野菜嫌いのお子様から健康が気になるお年寄りまで、幅広い年齢層に支持されています。

 

レモンの青汁
「レモンの青汁」の人気の秘密は、「スプレードライ製法」と呼ばれる製法にあります。スプレードライ製法とは、酵素を生かしたまま青汁にする製法であり、青汁に含まれている豊富な栄養素を体内に行き渡らせることができます。また、レモン果汁を25%ブレンドしているため、非常に飲みやすい味に仕上がっています。小さなお子様でも抵抗なく始められます。

 

やずやの養生青汁・豆乳青汁
青汁は毎日の食生活に上手に取り入れていくことが大切です。やずやの青汁では、多くの人々が無理なく青汁生活を続けられるよう、青汁の美味しさを徹底的に追求しています。ちなみに、「養生青汁」には粉末タイプと粒タイプの2種類があります。一方、「豆乳青汁」では、カロリーが心配な人のために、糖分を全て排除しました。大豆から出る甘みとクリーミーさにより非常に飲みやすくなっています。

 

えがおの青汁
「えがおの青汁」の最大の特徴と言えば、大麦若葉をたっぷり使用することで、断トツの飲みやすさを追求していることでしょう。主原料の大麦若葉については、無農薬栽培に拘っており、その甘みを最大限に引き出すことに成功しています。また、高知県三州で収穫された生姜を酒粕を使って熟成・発酵させた発酵黒生姜エキスも原材料として使用しています。新陳代謝を上げる効果もあり、血行不良や冷え性でお困りの方にはオススメです。

 

青汁仲間

 

青汁カフェ

・ 更新履歴 ・