×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピー改善によい青汁

アトピー改善によい青汁

アトピー性皮膚炎は、約8割が幼少期に発症し、幼少期のうちに治る場合が多いといわれています。しかし、成人になって尚アトピーに苦しむ人も多く、成人になってから初めてアトピーになる人もいます。

 

成人してからアトピーになった人は、子どものうちからなる病気とばかり思っていたのに驚くことでしょう。一度アトピーになると、なかなか治癒しないケースも多く、それがストレスとなってさらに悪化することもあるようです。

 

大人になってからアトピーになる原因は、食生活やホコリ、ストレス、妊娠、出産、過労などが引き金となることが多いといいます。アレルギー疾患の一種であるアトピーは、身体の免疫機能が異常をきたすことから起こります。

 

アトピーになれば病院に通う人がほとんどですが、病院で行われる治療といってもステロイド軟膏や抗ヒスタミン剤の投与などに限られます。特に、薬の副作用が問題となる場合もあり、病院に行っても完治は難しい病気なのです。そのため、自主的に体質改善を図る努力が欠かせません。免疫機能を高めるために、食生活では栄養のバランスを見直して、生活習慣も規則正しくしていくことが大切です。

 

健康食品やスキンケア製品でよく知られるファンケルの調査によると、アトピーに効果があるとして青汁がよいとされています。原材料にケールを使用した青汁を飲んだ人と飲まない人では、血中好酸球の高さや皮膚状態に差が出たというのです。

 

つまり、青汁を飲んだグループには、アレルギー反応値が低いという結果が出たのです。青汁を飲んだ人たちに、角質水分量が上がり、皮膚の乾燥状態を改善できたという結果も認められたそうです。アトピーに対して、青汁の成分であるビタミンCやβカロチン、ビタミンAなどが作用したと考えられています。

 

必ずしも青汁を飲むとアトピーが改善されるというわけではありませんが、ケールを含んだ青汁にはアトピーに有効な作用があるようです。そこで、ケールの青汁をランキング形式で紹介します。

 

第1位:ファンケルの青汁

 

ファンケルの青汁には100%国産のケールが使われ、中嶋農法という栽培方法で育てられています。土壌自体がミネラルをたっぷり含み、水の澄んだ土地で育てられたケールは、牛乳の2倍のカルシウム、キャベツの2倍の食物繊維、5倍のカロテン量などを誇っています。このケールにオリゴ糖を加えてカルシウムの吸収率を高めたところへ、天然由来の甘味料を加えて飲みやすくしたのが、ファンケルの青汁です。

 

第2位:ダイレクトテレショップの青汁三昧

 

青汁三昧は、TVショッピングやCMなどでも有名な青汁です。圧倒的な売上販売数を誇り、すでに2億杯を突破している大人気商品です。原料には、ケールの他にも大麦若葉、ゴーヤという三大青野菜がミックスされています。非常に栄養価が高く、美容効果にも期待が持てる青汁です。

 

第3位:キューサイのはちみつ青汁

 

苦味や青臭さというクセを感じやすい青汁に、山田養蜂場のはちみつを配合したのが、キューサイのはちみつ青汁です。はちみつ青汁一杯で生野菜70グラム分の栄養素をとることができるというのですから、栄養効果はバッチリです。甘めの味が飲みやすく、小さなお子様や野菜が苦手な方でも美味しく飲むことができます。。