×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンチエイジングによい青汁

アンチエイジングによい青汁

女性の悩みである、シワやたるみ。加齢と共に現れてくるこうした現象は、努力によって加速を遅らせることができます。それがアンチエイジングというもので、最近特に話題となっています。

 

エイジングとは、加齢によって現れるトラブルのことを指します。それに対抗するので、アンチエイジングと呼ばれているのです。

 

何歳になっても、美しくありたいという女性は多く、アンチエイジングがこれだけ話題となっているのです。スキンケアや食品など、アンチエイジングに作用するものはたくさんあります。中でも効果が高いといわれているのが、青汁です。毎日の元気な体のために飲んでいる人も多い青汁ですが、元気で健康な体こそアンチエイジングとなるのです。しかし、具体的な青汁のアンチエイジング効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

青汁には、メラトニンという成分が含まれているといいます。メラトニンは、脳の中心部分にある松果腺というところから分泌されています。ホルモンの一種であるメラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれています。

 

眠たくなったときに、メラトニンが出てきたなどと言われるのを聞いたことがありませんか?睡眠中に様々なホルモンが活発に分泌されて健康な体を生み出すように、メラトニンは若返りの成分ともいわれるホルモンです。

 

老化の原因となる活性酸素を抑制することができる抗酸化作用が、メラトニンにはあるのです。活性酸素は、体内の細胞をさびつかせることにより、様々な器官の働きを悪くしてしまいます。

 

見た目にも現れる細胞の働きが、活性酸素によって大きく左右されてしまうのです。つまり、活性酸素がシワやたるみの大きな原因の一つといってもよいでしょう。

 

そこで、活性酸素を抑制してくれるメラトニンをたくさん分泌させることができれば、アンチエイジングになるわけです。ただ、多忙でなかなか睡眠をとることができない人も多いでしょう。そんなときには、メラトニンを多く含む青汁を飲むようにするとよいのです。青汁の代表的な原料であるケールには、メラトニンがキャベツの5倍も含まれています。青汁を一杯、毎日飲む習慣をつければ、老化に負けない体を作ることができますよ。

 

睡眠ホルモンといわれるだけに、メラトニンには安眠効果もあります。脈拍や体温、血圧などを安定化させて、睡眠と覚醒の調整を行ってくれるので、自然に眠りに誘ってくれるのです。

 

良質な睡眠をとることは、アンチエイジングに欠かせません。血糖値やコレステロール値の抑制、ストレス緩和、リラックス効果、血圧調整、抗ガン作用などの効果も併せ持っています。